OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A030 橙) 30m

  • OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A030 橙) 30m
  • OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A030 橙) 30m
  • OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A030 橙) 30m
  • OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A030 橙) 30m

DDWG DVI仕様準拠 DVI-D標準プラグ採用 WUXGA(1920x1200)まで対応したDVI光伝送ケーブルです。
コネクタ形状はデュアルリンク形状ですが、ケーブル性能はシングルリンクまでとなります。

レンタル価格 3,000 (税別/日)

送料目安
本州
1,000円
北海道/四国/九州
1,500円

※離島の場合はお問い合わせください。

送料目安は1個口あたりの金額です。
   商品によって1個口に複数商品を同梱できる場合があります。

送料目安は1個口あたりの金額です。
商品によって1個口に複数商品を同梱できる場合があります。

例 1
・有線マイクSM58 1本… 1,000円(1個口あたりの最低料金)
・有線マイクSM58 25本… 1,000円(1個口あたりの最大本数)

送料目安

例 2
・キャノンケーブル 10m 5本、有線マイク5本 …1個口でOK!

送料目安

お問い合わせ

専用ケースサイズ

サイズ
縦…………465mm
横…………465mm
高さ………115mm

内容物・付属品情報

  1. 本体 × 1
  2. ACアダプタ × 1
  3. DVI 中継アダプタ 【取付済】 × 2
  4. DVIケーブル (0.9m) 【取付済】 × 2
  5. 取扱説明書 × 1

スペック概要

型番DDI-A030
サイズ-- × -- × -- mm
本体重量-- kg
消費電力0.9 W
映像入力端子DVI-D(シングルリンク)
※端子形状はデュアルリンクだがケーブル性能はシングルリンク
映像出力端子DVI-D(シングルリンク)
※端子形状はデュアルリンクだがケーブル性能はシングルリンク
音声入力端子--
音声出力端子--

近似スペック

OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A020B 黒) 20m

DVI-D光ケーブル(DDI-A020B 黒) 20m OPHIT

DDWG DVI仕様準拠 DVI-D標準プラグ採用 WUXGA(1920x1200)まで対応したDVI光伝送ケーブルです。
コネクタ形状はデュアルリンク形状ですが、ケーブル性能はシングルリンクまでとなります。

詳しく見る

OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A030B 黒) 30m

DVI-D光ケーブル(DDI-A030B 黒) 30m OPHIT

DDWG DVI仕様準拠 DVI-D標準プラグ採用 WUXGA(1920x1200)まで対応したDVI光伝送ケーブルです。
コネクタ形状はデュアルリンク形状ですが、ケーブル性能はシングルリンクまでとなります。

詳しく見る

OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A040B 黒) 40m

DVI-D光ケーブル(DDI-A040B 黒) 40m OPHIT

DDWG DVI仕様準拠 DVI-D標準プラグ採用 WUXGA(1920x1200)まで対応したDVI光伝送ケーブルです。
コネクタ形状はデュアルリンク形状ですが、ケーブル性能はシングルリンクまでとなります。

詳しく見る

OPHIT DVI-D光ケーブル(DDI-A050B 黒) 50m

DVI-D光ケーブル(DDI-A050B 黒) 50m OPHIT

DDWG DVI仕様準拠 DVI-D標準プラグ採用 WUXGA(1920x1200)まで対応したDVI光伝送ケーブルです。
コネクタ形状はデュアルリンク形状ですが、ケーブル性能はシングルリンクまでとなります。

詳しく見る

関連商品

IMAGENICS DVIケーブルイコライザー(DAE-50A)

DVIケーブルイコライザー(DAE-50A) IMAGENICS

DVIまたはHDMI規格に準拠したデジタル映像音声信号を長尺DVIケーブルを使用して最長50mまで伝送可能なイコライザーです。
※必ず受け側(表示装置側)に配置してください。
送り側(映像ソース側)に置かれると性能を十分に発揮することができず映像が出力しないなどの不具合を生じる可能性があります。

詳しく見る

IMAGENICS HDMIケーブルイコライザー(HAE-50)

HDMIケーブルイコライザー(HAE-50) IMAGENICS

HDMI またはDVI 規格に準拠したデジタル映像音声信号を、最長30 m まで伝送できます。
HDCP(著作権保護)映像信号も伝送可能です。
※必ず受け側(表示装置側)に配置してください。
送り側(映像ソース側)に置かれると性能を十分に発揮することができず映像が出力しないなどの不具合を生じる可能性があります。

詳しく見る