定休日カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤は休業日です

ご利用可能クレジットカード

クレジットカード
映像機器・音響機材のレンタル AZA TOP > プロジェクターの選び方

1 プロジェクター選びにお困りではありませんか?

上司から急遽入った会議で使うプロジェクターの手配を頼まれた…
友人の結婚式の二次会でスライドを上映したい…
プロジェクターをレンタルすべくAZAのホームページに辿り着いたけど、商品がありすぎてわからない!
どれでもいいやと思ったそこのあなた!それは間違いです。
実は機種によって性能や仕様に大きな違いがあるのです。
そんなプロジェクター選びでお困りのあなたに、最適なプロジェクター選びのお手伝いをします!

2 プロジェクター選びのポイント

明るさで選ぶ

たくさんのプロジェクターの中からどれを選べばいいのか困ってしまいますよね。
プロジェクターを選ぶ際に、特に重要な点はプロジェクターの「明るさ」です。
プロジェクターの明るさの単位はルーメン(以下lm)という単位で表されます。
lm数値が高ければ高いほど、光が強い・明るいことを示します。
プロジェクターの光は照明の光や太陽光などの外光に非常に弱いです。そのため、太陽の光がスクリーンに当たり、かつlm数値が低いと映像は薄く映り大変見えにくくなります。

投射面をカーテン等の遮光幕で暗くすることで、映像は見えやすくなります。
会場自体をしっかりと暗くすることができれば、2000lm前後のプロジェクターでも映像ははっきりと見ることができます。会場内は暗ければ暗いほどいいです。
どうしても暗転できない場合や照明が少しでもスクリーンにかかってしまう場合には、lm数値の高いプロジェクターを選びましょう。
明るさの目安として20名規模は2500~3000lm、50名前後で3000~4000lm、100名規模で5000lmの明るさを推奨しています。規模が大きくなればなるほど、必然的にスクリーンの大きさも大きくなるため、lm数値の高い機種をお薦めします。


明るさで選ぶならこれ!
2500lm(20名規模) 3200lm(50名規模) 5000lm(100名規模)
MITSUBISHI LVP-EX220 SANYO LP-XU355 EPSON EB-1960
MITSUBISHI LVP-EX220 SANYO LP-XU355 EPSON EB-1960
5,000円(税別/日) 20,000円(税別/日) 35,000円(税別/日)
商品ページ 商品ページ 商品ページ
明るさ順でプロジェクターを探す場合はこちらから


解像度/比率で選ぶ

解像度/比率でプロジェクターを選ぶのもポイントです。
解像度とは、映像の色を表現するパネルの枚数を表すものです。プロジェクターもモニターも、色を表現する小さなパネルがたくさん敷き詰められています。解像度の数値が高いほど、より精細な映像を表現することが可能になります。一般的に横×縦で表記されます。
プロジェクターは低解像度も高解像度も、様々な解像度を表現することができますが、実際に表現可能な最大解像度は機種ごとに決められています。これをリアル解像度と言います。

世間一般的にプレゼン等のパワーポイントで使用される解像度はXGA(4:3)とされています。解像度は「1024×768」と意外と低解像度です。因みにブルーレイなどで使用されるFull-HDは「1920×1080」と比べると大きく差があります。ですが、XGAはパワーポイントでの使用においては今だに主流となっています。

XGA(1024×768)のプロジェクターならこれ!
3000lm 4200lm 5000lm
EPSON EB-940H Panasonic PT-VX415N EPSON EB-1960
EPSON EB-940H Panasonic PT-VX415N EPSON EB-1960
15,000円(税別/日) 30,000円(税別/日) 35,000円(税別/日)
商品ページ 商品ページ 商品ページ
XGAのプロジェクター一覧はこちらから


映画の上映会やPR動画等の映像をプロジェクターで流す場合には、WXGA(1280×800)やWUXGA(1920×1200)のプロジェクターを選ぶことをお薦めします。これらの解像度はワイドタイプ、横長の部類に区分けされます。
近年の映像素材は16:9、ワイドタイプの画面比率が主流のため、上記対応の解像度のプロジェクターを使用することで、綺麗な画質で映像を楽しむことができます。

ワイドタイプのプロジェクターならこれ!
WXGA(1280×800) WUXGA(1920×1200)
EPSON EB-950WH EPSON EB-1975W EPSON EB-1985WU
EPSON EB-950WH EPSON EB-1975W EPSON EB-1985WU
15,000円(税別/日) 35,000円(税別/日) 45,000円(税別/日)
商品ページ 商品ページ 商品ページ
WXGAのプロジェクター一覧はこちらから
WUXGAのプロジェクター一覧はこちらから


接続機器/端子で選ぶ

主にプロジェクターと接続する際に使用する端子は、D-sub15pin、ビデオ、HDMIの3端子を使うことが多いです。最近のプロジェクターはいずれの端子も搭載されているモデルが大半なので、接続できないということはほとんどありません。AZAで取り扱っているプロジェクターにおいても同様です。(※古いプロジェクターにはHDMIの端子が付いていない場合があります)
主にパソコンとの接続に使用されるのは、D-sub15pinまたはHDMIの2択です。
D-sub15pinはアナログ方式、HDMIはデジタル方式で映像が伝送されます。
HDMIの方が高解像にも対応しており、 綺麗に映像を出すことができます。

D-sub15pinケーブル
D-sub15pinケーブル
HDMIケーブル
HDMIケーブル

Macから映像を出力するためには、「Thunderbolt」端子から任意の変換アダプターを使用してプロジェクターに接続できるようにします。接続先のプロジェクターの端子に合った変換アダプターの用意が必要です。
また、世の中には「DVI」や「DisplayPort」といった普段あまり目の当りにしない特殊な形状をした端子が存在します。それらの端子を備えたパソコンなどの機器と簡易にプロジェクターを接続するために、プロジェクター側にも同様の端子を備えたモデルがあります。

Mac用変換アダプターの数々
Mac用変換アダプターの数々



接続端子で選ぶならこれ!
DVI-I端子搭載 DisplayPort端子搭載
SANYO LP-XU355 EPSON EB-1960
SANYO LP-XU355 EPSON EB-1960
20,000円(税別/日) 35,000円(税別/日)
商品ページ 商品ページ


投影距離で選ぶ

一般的なプロジェクターは、80型サイズ(1.6×1.2m)の投影に最短でも約2mの投影距離を設ける必要があります。しかし、反射ミラーや短焦点のレンズを搭載したプロジェクターであれば、その距離をわずか1m以内に収めることができます。会場のレイアウトによっては非常に効果的なプロジェクターなのですが、距離が縮まるのと引き換えにプロジェクター本体とスクリーンの位置関係に制限が出てきます。
特にミラー型プロジェクターはスクリーンとの距離を50cm強まで縮めることができますが、設置の難易度は高いです。また、いずれの機種も100型サイズ以上の投影は規格外とされており、大画面の投影は不向きです。


投影距離
短焦点で選ぶならこれ!
ミラー型 超短焦点
HITACHI CP-352WNJ EPSON EB-530 EPSON EB-535W
HITACHI CP-352WNJ EPSON EB-530 EPSON EB-535W
35,000円(税別/日) 20,000円(税別/日) 20,000円(税別/日)
商品ページ 商品ページ 商品ページ


メーカーで選ぶ

様々なメーカーからプロジェクターが発売されているので、どのメーカーのプロジェクターを選べばいいか迷うと思います。メーカーにより映像の作り方やメニューなどの設定項目が違います。各メーカーそれぞれ個性や良さがあるため、一概にこのメーカーが一番良いということはありません。ですが、EPSONのプロジェクターは、日本国内でオフィス向けの小型プロジェクターの種類が一番豊富とされています。その他AZAでは、Panasonic(SANYO)のハイエンドモデルのプロジェクターを主力に、お手頃な価格で取り扱っています。機会があれば、他のメーカーのプロジェクターを使用してみることをオススメします。意外な発見があるかもしれません。


メーカーで選ぶならこれ!
EPSON EB-940H Panasonic PT-VX400 RICHO PJ X2130B
EPSON EB-940H Panasonic PT-VX400 RICHO PJ X2130B
15,000円(税別/日) 25,000円(税別/日) 5,000円(税別/日)
商品ページ 商品ページ 商品ページ
MITSUBISHI LVP-EX220 HITACHI CPX9J CASIO XJ-M150
MITSUBISHI LVP-EX220 HITACHI CPX9J CASIO XJ-M150
5,000円(税別/日) 10,000円(税別/日) 10,000円(税別/日)
商品ページ 商品ページ 商品ページ

いかがでしたか?それでも不安な方はお電話や問い合わせフォーマットよりお問い合わせください。オペレーターがお客様と一緒に最適なプロジェクターをお選びいたします。



このページのトップへ